交通事故後の整形外科と接骨院

2018年03月9日

各務原で交通事故によるむち打ち、腰痛、関節の治療をしておりますこころ接骨院です。

交通事故でケガをしてしまった場合普段起こることではないのでいったい体に何が起こっているのかわからくて戸惑うかと思います。

命にかかわるようなケガや大きな骨折でない、体は動かせるけれど痛みや重だるさがあるような症状ではどうすればよいでしょうか。

このように体のケアをすすめていくことが望ましいです。

①整形外科の受診

まずは整形外科の医師にレントゲンや触診による検査をしてもらいましょう。

表面上分からないことを診断してもらいます。

整形外科を受診することで何が起こっているのか正確に把握し、痛みを落ち着かせる薬を処方してもらいます。

②リハビリ

リハビリには受傷してからの期間や症状によって治療の内容や運動の強度が変わってきます。

自己判断せずに整形外科や接骨院で専門のリハビリを受けましょう。

当院では院長が整形外科リハビリ勤務を経て現在に至りますので整形外科での説明や施術内容を把握した上で施術を行いますのでご安心ください。

※その他に大切なこと

交通事故のケガでは骨だけでなく神経を負傷していることが多く、治癒するまでに時間がかかるケースが多くあります。

早期回復のために重要なポイントをいくつか挙げてみましょう。

・リハビリ、診察の頻度

専門家の提案される頻度でリハビリ、整形外科での診察を受けましょう。

・生活指導を守る

運動をしていったほうが良い場合、悪い場合。

温めた方が良い、冷やした方が良いなど自己判断は禁物です。

 

交通事故が起こると体のことや保険のことと複雑なことが多くあります。

おひとりで悩まずに専門家へ相談しましょう。

 

お電話、メール、LINEにてご予約お問い合わせください。

お問合せ・ご予約はこちらをクリック

公式HPはこちらをクリック

LINEでも24時間いつでもご連絡いただけます。。

友達追加の上、①お名前 ②携帯番号 ③症状 ④希望時間をご連絡ください。

友だち追加数

追突事故による痺れや痛み

2017年12月15日

各務原で交通事故によるむち打ち、腰痛、関節の治療をしておりますこころ接骨院です。

交通事故で多いのが信号待ちや渋滞中の追突事故です。

スマホを見ながら運転していというケースが良くあります。

 

さて、そんな追突事故で体が痛くなってしまったとき体ではどんなことがおきているのでしょうか。

 

①レントゲンに異常無し。でも痛い・・・

交通事故でこころ接骨院にいらっしゃる方で一番多い状況です。

骨折をしていたり出血はしていないものの痛みや痺れが出てしまいます。

これは、負傷しているのが骨ではなく神経や筋肉の組織でレントゲンで分かりにくいケガです。

神経が過敏になっている状態を落ち着かせる施術をしていく必要があります。

当院では交通事故のケガに特化した器機も取り入れておりレントゲンに写らない痛みに対して効果が期待できます。

 

② 負担と回復のバランスが乱れる

生活や仕事がある上に体の不調を感じていると本来のような体の回復力が発揮しにくくなってしまいます。

例えば一日の体にかかる負担が10あって、睡眠で10回復していたものが、睡眠をしても5しか回復しないという状況もあります。

そうなるとなかなか回復が追い付かず痛みや痺れが長引くことになってしまいます。

ただ回復を待つのではなく、回復するためのケアを取り入れる必要があります。

 

これからの時期は慌ただしく交通事故が多くなります。

お出かけの際はより注意をしてくださいね。

 

お電話、メール、LINEにてご予約お問い合わせください。

お問合せ・ご予約はこちらをクリック

公式HPはこちらをクリック

LINEでも24時間いつでもご連絡いただけます。。

友達追加の上、①お名前 ②携帯番号 ③症状 ④希望時間をご連絡ください。

友だち追加数

なかなか良くならない交通事故のケガ

2017年12月9日

各務原で交通事故によるむち打ち、腰痛、関節の治療をしておりますこころ接骨院です。

 

交通事故の痛みや痺れは長引くことが多いです。

特にこの寒い季節というのは神経も過敏になりやすいためより治りが悪くなりがちです。

実際に起こってしまったことは時間は戻りませんので今できることをしっかりと行って少しでもよくしましょう。

 

なかなか症状が良くならない方のケースがあるのでご紹介します。

 

リハビリ通院をそもそもしていない

当院にご連絡をいただく患者様で意外と多いのが診察をしてからシップとくすりをもらっただけでリハビリを何もしていないというケースです。

整形外科でも治療の方針が様々でリハビリを積極的に行う院と、全く行わない院があります。

当院ではできれば交通事故でケガをした初期からリハビリは行うべきだと考えております。

スポーツ選手でケガをした人が1か月何もせずに寝ているだけという事は今どきあまりないと思います。

体が資本の方々が取り入れている事が間違いだとは考えにくいです。

 

リハビリの頻度や内容が症状に合っていない

リハビリといってもただ痛い場所に電気をあてて終わりというケースや、通院の頻度が患者様の都合で極端に少なくなっているケースもよくみられます。

実際に症状がどうだからどれくらいの期間にどんな治療をどんな頻度で行うと良いのかというのは本来患者様で判断する事ではありません。

ドクターやリハビリにあたる人が専門の目線で提案する必要がありますが、実際にはそこまでの話にいたらないことが多いです。

 

プライベートでできるリハビリ、ケアを知らない

日本は健康保険制度などによって具合が悪くなったら病院に行けばよいという考えがどうしても根付いています。

そもそもそうならないような管理をする。

なった場合に自分でケアしていくという発想がそもそも薄いです。

実際に病院や接骨院でリハビリをしていても一回せいぜい30分程度の内容です。

残りの23時間は仕事やプライベートの時間なのですが、そこで全くなにもしていないのと症状改善のための取り組みを行っている場合ではやはり回復の程度に差が産まれます。

 

上記のような問題があることをそもそも知らずに期間だけが過ぎてしまうとなかなか症状も良くならず、場合によっては痛みを抱えたまま自賠責保険や任意保険での治療が終了してしまいます。

 

そのようなことが起こらないような施術方針や説明を当院では行っております。

交通事故によるむちうちや腰痛、その他関節の痛みでお困りの方はお気軽に

お電話、メール、LINEにてご予約お問い合わせください。

お問合せ・ご予約はこちらをクリック

公式HPはこちらをクリック

LINEでも24時間いつでもご連絡いただけます。。

友達追加の上、①お名前 ②携帯番号 ③症状 ④希望時間をご連絡ください。

友だち追加数

交通事故の通院をした各務原市の患者様

2017年11月28日

各務原で交通事故によるむち打ち、腰痛、関節の治療をしておりますこころ接骨院です。

いよいよ年末の雰囲気が世の中でも少しずつ出てきましたね。

年末のあわただしい時期は交通事故が増えますので私も気を付けたいものです。

 

当院では交通事故の通院が整形外科同様に自賠責保険を適用して可能です。

ですが、病院じゃない接骨院の通院ってどんな状態の人がどんな治療を受けてどうなるのか不安な方もあるかと思います。

ですので今回は最近まで通院されていた方の例を一つご紹介いたします。

 

30代男性 信号待ちで後方より他車から追突を受け負傷

症状は頸椎捻挫による首の痛み、腰椎捻挫による腰の痛み

 

事故後整形外科で検査をしてもらい上記のような状況でご来院いただきました。

整形外科の診断後2週間経ってもなかなか症状が改善しないとのことでしたが、レントゲンでは写らない神経の緊張や筋肉の緊張が関連している症状です。

 

当院での施術はまずは神経を落ち着かせるために深部まで届いて神経に直接さようする電気の施術をします。

この施術では病院にある低周波では届かない奥行きまで作用すること、筋肉に当てるだけではなく背骨に通すことでより直接の変化を期待できます。

次に手による施術です。

手の施術では症状が出ている場所だけでなく、そこから派生して出ている筋肉の緊張やその他の症状のお悩みに合わせて全身を調整していきます。

院長自身整形外科2軒でリハビリテーションスタッフとして勤務しておりましたが、当時からどうしても診断に書いてある場所以外は一切触れないという事にフラストレーションがありましたが、当院では一人ひとりに合わせた施術を提供しております。

 

上記のような施術を3か月週に2.3回受けていただき3か月で無事に症状が取れ施術を終了しました。

 

交通事故のケガは診断書にある期間より長くなるケースが多くあります。

それは骨だけでなく神経や筋肉などレントゲンで分からない部分の負傷を伴っている場合が多いためです。

ですので当院では、診断書の内容のみでなく実際に患者様の感じられている症状や触診により施術をすすめていきます。

 

また、通院という面においては土日や夜の遅い時間帯もご予約いただけるようにしております。

整形外科の通院だけで不安な方、通院自体がなかなか出来ていない方。

お気軽にお電話、メール、LINEにてご予約お問い合わせください。

お問合せ・ご予約はこちらをクリック

LINEでも24時間いつでもご連絡いただけます。

友達追加の上、①お名前 ②携帯番号 ③症状 ④希望時間をご連絡ください。

友だち追加数

 

骨盤矯正、肩こり、腰痛は公式ホームページへ

 

交通事故によるケガは治りにくい

2017年11月24日

各務原で交通事故によるむち打ち、腰痛、関節の治療をしておりますこころ接骨院です。

ここの所寒くなりすっかり日照時間も短くなってきました。

そんな季節の変化と同時に当院でも交通事故によるむち打ちや腰痛に悩んでいらっしゃる方が増えているように感じます。

そんな中で患者様から相談いただく内容に

『全治1週間の診断なのに2週間経っても全然症状が軽減しない。』

といった内容があります。

 

この状況は交通事故によってケガをされた場合によく見受けられるものですが、理由は下記のようにあります。

①ケガをしている組織がそもそも修復しにくい

交通事故に遭うとまずは病院や整形外科で診察をしていただくのですが、その際先生の診察とレントゲンによる検査が行われます。

するとレントゲン上骨には異常が無い事が多く骨折や明らかな目で確認できるようなケガでない場合全治1週間といったような診断となることがあります。

ですが、実際に体には骨だけでなく筋肉や神経があり、特に神経は修復力が弱く大きな力が加わると治りが悪いものです。

例えば脳梗塞などにより神経が麻痺してしまった方の状態が中々回復しないような状態をイメージするとわかりやすいかもしれません。

②日常生活や仕事の負担は軽減されない

本来ケガをしている状態を動物で考えるとどうでしょうか。

食事に関しても最低限してあとはゆっくり体を休めて回復につとめるはずです。

ですが私たち人間においてはそうはいきません。

むち打ちをしていようが頭痛や腰痛があっても会社もあれば育児もあります。

すると回復が遅れる上に弱ったからだでの活動がより多くの負担となってのしかかってきます。

 

他にも細かく挙げればきりがありませんが、ちょっと考えて浮かぶ事だけでもなかなか回復しにくいという事がわかります。

 

当院ではそのような状況のなかでも回復を促進するために専用の神経修復を促す治療器や、筋肉、関節の動きを正常にしていくためのリハビリを行っております。

少しでも早く痛みから解放されて元の生活を送れるようにサポートいたします。

 

整形外科や病院に通院しつつ当院でリハビリをすることも保険を使ってできます。

交通事故は頻繁に自分の身に起こることではありませんのでわからない事が多いかと思います。

まずは、お電話、メール、LINEにてお問い合わせください。

 

お問合せ・ご予約はこちらをクリック

LINEでも24時間いつでもご連絡いただけます。。

友達追加の上、①お名前 ②携帯番号 ③症状 ④希望時間をご連絡ください。

友だち追加数

交通事故とは

2017年10月23日

交通事故の後遺症交通事故による死亡者数は年々減少しているそうです。

しかし、交通事故自体が減ったのかといえば、そうではありません。
交通事故はものすごい件数増えたのに対して、
交通事故による死亡者が減った、そして、交通事故による
負傷者がものすごい増えました。

これは、なんといっても、2002年6月に道路交通法が改正され、
飲酒運転に対する罰則が強化されたことが、
大きいのではないでしょうか。

そして、走行中にはシートベルトを着用するというのが、
習慣化したことも大きいようです。
大きな交通事故が発生した場合も、シートベルトの着用のおかげで、
死亡事故にまで至らずに済んだ…というケースが、多く報告されているようです。

そのほかにも、若者の車離れなど、いろいろな要因が重なって、
こういったデータになったようです。

交通事故発生件数は増え、負傷者の数も増えているということは、
交通事故に遭って、「むちうち症」に悩まされている人の数が、
急増しているともいえるでしょう。

「むちうち症」は慢性化する前に、早く治療を始めることが大事です。
ちょっとでも「おかしい」と思ったら、各務原市交通事故むち打ち治療.comのこころ接骨院・整体院にご相談下さい!