追突事故による痺れや痛み

2017年12月15日

各務原で交通事故によるむち打ち、腰痛、関節の治療をしておりますこころ接骨院です。

交通事故で多いのが信号待ちや渋滞中の追突事故です。

スマホを見ながら運転していというケースが良くあります。

 

さて、そんな追突事故で体が痛くなってしまったとき体ではどんなことがおきているのでしょうか。

 

①レントゲンに異常無し。でも痛い・・・

交通事故でこころ接骨院にいらっしゃる方で一番多い状況です。

骨折をしていたり出血はしていないものの痛みや痺れが出てしまいます。

これは、負傷しているのが骨ではなく神経や筋肉の組織でレントゲンで分かりにくいケガです。

神経が過敏になっている状態を落ち着かせる施術をしていく必要があります。

当院では交通事故のケガに特化した器機も取り入れておりレントゲンに写らない痛みに対して効果が期待できます。

 

② 負担と回復のバランスが乱れる

生活や仕事がある上に体の不調を感じていると本来のような体の回復力が発揮しにくくなってしまいます。

例えば一日の体にかかる負担が10あって、睡眠で10回復していたものが、睡眠をしても5しか回復しないという状況もあります。

そうなるとなかなか回復が追い付かず痛みや痺れが長引くことになってしまいます。

ただ回復を待つのではなく、回復するためのケアを取り入れる必要があります。

 

これからの時期は慌ただしく交通事故が多くなります。

お出かけの際はより注意をしてくださいね。

 

お電話、メール、LINEにてご予約お問い合わせください。

お問合せ・ご予約はこちらをクリック

公式HPはこちらをクリック

LINEでも24時間いつでもご連絡いただけます。。

友達追加の上、①お名前 ②携帯番号 ③症状 ④希望時間をご連絡ください。

友だち追加数